TOP-2.JPG - 67,176BYTES

診察機器紹介

全身用X線骨密度測定装置(PRODIGY Fuga)

PRODIGY FUGA1.GIF - 1,044,246BYTES

現代社会の中で50歳以上の3人に1人が骨粗鬆症と言われております.
骨粗鬆症とは骨密度が低下し,骨がもろくなってしまう病気です.
リハビリニュースNo.32 骨粗鬆症をご参照ください.

その結果,年齢を重ねるにつれてちょっとした外傷でも骨折してしまう
「いつのまにか骨折」のリスクも高まります.

背骨の骨や大腿骨の骨が折れてしまうと
寝たきりになる可能性も高くなってしまうのです.

骨粗鬆症を正確に診断するために当院では
全身用X線骨密度測定装置を導入しております.

本装置は
@骨折の可能性が高い腰の骨・大腿骨で測定
A患者様は寝ているだけで測定可能
B患者様に優しい(照射量が少なく,短時間)
という特徴があります.

SNAPCRAB_NONAME_2016-11-16_19-57-19_NO-00.PNG - 258,943BYTES

結果もこのような用紙にて
わかりやすい形で患者様にお渡しできます.


早期発見・早期治療が回復への近道ですので
お気軽にご相談ください.



超音波診断装置(SNIBLE)

S-PB160155.JPG - 78,145BYTES

超音波を使い,テニス肘・肩腱板損傷などの
レントゲンでは写らない部位の診断を行います.

浅層から深層までしっかりと写るので
正確な診断・治療を行うことが可能になります.

コンパクトな機器のため場所を選ばず
痛みなどを伴うこともありません.
また特別な準備も必要なく短時間で行うことが可能です.
    

                 HOME.GIF - 801BYTES

                 DOCTOR.GIF - 1,830BYTES   

                 GAIYOUTO.GIF - 1,698BYTES

        SHINSATSUKIKI.GIF - 1,791BYTES

                 SHISETU.GIF - 3,908BYTES

                 ACCESS.GIF - 3,462BYTES

                 Q&A.GIF - 1,610BYTES

                 BLOG.JPG - 2,340BYTES

                 REHANEWS.GIF - 822BYTES